本文へ移動

大竹市東栄D様邸

『心地よい暮らしを追求した平屋の家』 古き日本の伝統的な平屋造りで、木のぬくもりを感じることができます
坪庭『和』の雰囲気をより一層引き立てます
玄関ホール。4mを超える天井高で開放感は抜群です。板張りの天井と腰板が木のぬくもりを感じさせます
床の間のクロスは淡いオレンジ色。オレンジのクロスと間接照明がステキな空間をつくります
明るく広々としたリビング
リビングの一角に畳コーナーを設けました。施主様念願の掘りごたつ。ゆっくりとくつろぐことができ、床を一段上げる事で特別感のある場所に感じられます
高くとられた天井には小屋根を作りました。
小屋根の小窓からはホールが見渡せます
全ての洋室のクローゼットにはサイズピッタリの手作りタンスを作っています
広くとられたトイレは使い勝手が良いです
リビングからは坪庭が見渡せ、穏やかな気持ちにさせてくれます
廊下からも坪庭が見渡せます
ライトアップされた姿は昼間とは違った表情を見せ、素敵です。
玄関を入って正面には生け花等を飾るスペースを設けています。家のイメージに合うように建具はすべて手作りです
TOPへ戻る